横浜の社労士なら、メイクル経営管理事務所にお任せ下さい!

サービスメニュー

社労士・行政書士 海田正夫  サービスメニュー・・
 メイクル経営管理事務所では、士業(資格業)をサービス業と捉え、明確な料金体系と料金の明示を心掛けております。
メイクル経営管理事務所では、企業様の状況に応じた就業規則作成プラン
ご用意しております。

また、36協定作成・届出サポートも承っています。

是非、お気軽にご連絡下さい!


就業規則作成・変更サポート

36協定作成・届出サポート

残業代半減とは、以下の2つのポイントを指します。

1.現在の給与の額は変更はありません

2.現在の給与の中に一定時間分の残業代を含む給与体系へと変更する
3.給与規程を変更し、給与明細も併せて変更する

そして何時間分の残業代が含まれているかを明確にします。
しかし、「給与に残業代が含まれている」とうたっているほとんどの企業はこれができていません。

下記に残業代に関する危険な例を挙げておりますので、貴社の給与規程とあわせてご覧下さい。

1.給与の額は人によって違うのに全員同じ額の残業代になっている

2.営業(他の職務でも同じ)手当は残業代込みだから別途の残業代はない。

3.給与規程に固定残業代が明記されていない。

4.給与明細に固定残業代の項目がない。


この例に該当している給与規程ですと、従業員から残業代が不払いである
請求されたときや労働基準監督署の調査の際には企業側の主張は
一切認められません


次のサービスメニューにある対策を忠実にきちんと行うことによって、
給与額はそのままで法的に問題のない残業代込みの給与体系になります。

詳しくはこちら



1.残業代半減簡易診断
(貴社の残業代の現状分析と残業対策後のシュミレーションをするパック)


2.残業代半減基本パック
(現在の残業代体系を見直し、最低限の残業代対策を実施するパック)

3.残業代半減おまかせパック
(新しい残業代体系に不満な従業員さんを同意させるための個別対応まで実施します。)

4.残業代半減フルサポートパック
(完全な残業代対策と、会社の包括的な労務問題も相談できる一番お得なパック)



 

 

まずは、お気軽にお問合せ下さい

社労士・行政書士 海田正夫 無料相談はこちら
0120-855-464
トップに戻る  お気に入りに追加

残業問題、労働問題全般なら、20年の実績!メイクル経営管理事務所

 
また、その他のコンテンツについては、こちらを参考に下さい!
費用 セミナー実績 事務所概要