横浜の社労士なら、メイクル経営管理事務所にお任せ下さい!

残業問題の基礎知識

法定外労働について


1.法定労働時間

労働基準法
で定められている、労働時間の上限のことです。
つまり法定労働時間とは40時間/1週間、8時間/1日になります。
[根拠となる法律]
32条1項
→使用者は労働者に休憩時間を除き1週間について40時間を超えて労働させてはならない
32条2項
→休憩時間を除き1日について8時間を超えて労働させてはならない

なお、特例措置として、商業、保健衛生業(保育所を含む)、接客娯楽業などで、労働者が常時10人未満の
事業所は、1週間について44時間と定められています。

また労働時間とは「使用者の指揮監督下にある時間」を言い、始業時から終業時までの
拘束時間から、休憩時間を除いた時間になります。

さらに、実際に業務に従事していない作業の準備時間、作業後の後始末時間や昼休みの電話番や
来客対応の時間も労働時間になります。

2.法定労働時間の例外

法定労働時間の例外として次の三種類があります
イ)変形労働時間制
ロ)災害等による臨時の必要がある場合の時間外労働・休日労働
ハ)三六協定による時間外労働・休日労働

3. 変形労働時間制

毎週又は毎日の所定労働時間を、固定した労働時間とせず、一定期間内の総労働時間の枠内
(もちろん法定の範囲内に限られます)、1日や1週、1か月の労働時間に長短の変化を持たせるものです。

事業所運営の都合により実施されることが多い制度ですが、労働時間の短縮のための採用も多くなっています。
なお、一定の期間内の総労働時間が法定の枠に収まっていれば、割増賃金の支払は不要です。



↓残業問題の基礎知識に関する詳しい説明は、以下をお読み下さい↓
     
36協定について

サービス残業とは

割増賃金について

法定外労働について

残業トラブル事例

残業代半減簡易診断

まずは、お気軽にお問合せ下さい

社労士・行政書士 海田正夫 無料相談はこちら
0120-855-464
トップに戻る  お気に入りに追加

残業問題、労働問題全般なら、20年の実績!メイクル経営管理事務所

 
また、その他のコンテンツについては、こちらを参考に下さい!
費用 セミナー実績 事務所概要