横浜の社労士なら、メイクル経営管理事務所にお任せ下さい!

是正勧告

是正勧告への対応策



是正勧告を受ける前には必ず調査があり、調査の前には調査する旨の連絡があります。
まれに突然調査に来ることもありますが、その日に対応できなければ別日程に変更して
もらうことも可能です。

調査の連絡は通常はハガキなどの文書で来ます。
そこには調査目的調査する帳票などが記載されています。

監督官は労働基準法に基づく調査権限があるので調査目的を言わずに調査をする場合が
ありますが、何のための調査であるのかは聞くべきです。

調査の結果によっては行政は会社に対して不利益な処分を課す場合があるわけで、
この様な権力を行使する可能性がある場合には、調査を受ける側には
その調査目的を聞く権利がある
と考えられるからです。

調査するという連絡があった時点で社会保険労務士などの専門家に
依頼すべき
です。
調査日やその目的などは社会保険労務士から聞いてもらえばよいし、社会保険労務士の
都合がつかない場合には調査日を変更してもらうことも可能です。

そして36協定を締結していない場合には調査前に締結届出をし、就業規則が不備であれば
見直すことです。

また残業代の不払いの可能性があるときには従業員の同意を得たうえで賃金制度を
急遽変更するなどの対策をしておきます。

また調査に来る労働基準監督官も法律をよく知っている専門家の社会保険労務士が
この会社についているとなれば指導もしやすいので安心してくれます。

次に、調査の結果是正勧告を受けた場合にどうするかですが、是正勧告に対しては
是正した旨を報告書にして提出しなければなりません。

報告期限も勧告書に書いてありますが2週間程度と短いのが通常です。
この報告期限も場合によっては延長してもらうことができます。

勧告書には法違反があるので是正するよう求める部分と法違反とまでは行かないが改善した
方がよいと労働基準監督官(署)が考える指導部分とに分かれます。

例えば会社は従業員の労働時間を把握しなければなりませんがその方法までは
法定されていませんのでどのような方法によるかは事業主の自由ということになります。

そこで労働時間を把握するためには行政としてはタイムカードを導入することを指導する
といったものです。

ただしこの指導事項は直ちに法律に違反しているものではないので、指導されたとおりに
する義務があるわけではありません。

指導のとおりにするためには多額の費用が掛かる場合もあります。
明らかに法違反があると指摘された部分はいくら費用が掛かっても改善しなければなりませんが、
指導事項の場合はよく検討してからにすべきです。

この辺は専門家とよく相談して下さい。
いずれにせよ労働基準監督官には、臨検、尋問する調査権と司法警察官の職務を行う権限が
労働基準法により与えられています。

また労働基準法は違反すると懲役刑まであるいわば労働刑法です。
これらに基づく是正勧告に対しては対応を誤らないようにしなければなりません。


また、是正勧告がすでに入られた方は、すぐにお問合わせ下さい!
早急かつ、優先的にご対応致します!



↓労基署対応で最重要「是正勧告」はこちらをクリック↓
是正勧告とは
 是正勧告の種
 よくある是正勧告
 是正勧告への対応策


まずは、お気軽にお問合せ下さい

社労士・行政書士 海田正夫 無料相談はこちら
0120-855-464
トップに戻る  お気に入りに追加

残業問題、労働問題全般なら、20年の実績!メイクル経営管理事務所

 
また、その他のコンテンツについては、こちらを参考に下さい!
費用 セミナー実績 事務所概要