横浜の社労士なら、メイクル経営管理事務所にお任せ下さい!

Q&A

労働者に行う健康診断は労働時間に含まれますか?

☆ Answer


健康診断にも様々な種類があります。
就職時の健康診断定期健康診断特殊健康診断などです。
就職時の健康診断で採用前に行うものであれば当然労働時間には含まれませんので
支払対象にはなりません

定期健康診断など労働安全衛生法で実施が義務付けられているものは労働時間に含まれますので、
就業時間外に行えば時間外割増手当の支払対象になります。

対策 

労働時間になるかどうかともう一つ重要なのが、健康診断の費用を誰が払うかです。
通常は会社が支払います。それはその健康診断が法律で義務付けられているからです。
しかし、法定の健康診断項目以外の診断を同時にする場合などは一部従業員本人の負担とする
場合もあるでしょう。

また、健康診断をした病院がその結果を本人にのみ知らせ、個人情報保護を理由に会社への通知を
拒否する場合があります。
また結果を知らされた本人も自分の個人情報であるので会社に知らせたくないと報告を拒否する
場合もよくあります。

これらはいずれも間違いで、会社には労働安全衛生法により従業員の健康を
管理する義務があり
、そのために従業員の健康診断結果を会社で管理することが
義務付けられてさえいるのです。
でも病院も従業員本人もなかなかこのことを納得しないので労働基準監督署から広報してくれるよう
要請しているのですが、今のところその気配はなく、個々の企業で対処するしかなさそうです。



その他のQ&Aはこちら!

>>研修時間の扱いについて
>>就業時間前の労働の扱い
>>健康診断について
>>出張について
>>複数の事業所に勤務する場合
>>業種規模による法定労働時間
>>フレックス制について
>>休憩時間の取り方について
>>残業中の休憩時間
>>残業時間単位について
>>臨検とは
まずは、お気軽にお問合せ下さい

社労士・行政書士 海田正夫 無料相談はこちら
0120-855-464
トップに戻る  お気に入りに追加

残業問題、労働問題全般なら、20年の実績!メイクル経営管理事務所

 
また、その他のコンテンツについては、こちらを参考に下さい!
費用 セミナー実績 事務所概要