横浜の社労士なら、メイクル経営管理事務所にお任せ下さい!

労使紛争について

個別的な労働紛争の解決

具体的にはどんなことでトラブルになるのでしょうか。
経営者から見て次のような従業員は我慢できない場合が多い様です。

1. 勝手に残業して残業代を稼いでいる。
2. 能力が低いので使えない、解雇しようと思っている。
3. 勤務態度が悪く言うことを聞かない。
4. 忙しい時に限って有給休暇を申請するので拒否したい。
5. パートなのに有給休暇を取りたいと言う。
6. 営業担当から、営業手当を支払っているのに残業代を請求された。
7. 何人か退職させないと会社がもたない。
8. 退職した社員から在職中の残業代として法外な額を要求された
9. 突然労働組合に加入して団体交渉を要求された

 この中には今すぐ対処しなければならないものから、将来的に問題になるであろう
事案までありますが、団体交渉の開催要求や未払賃金の請求などは、専門家に
依頼しなければ解決できないと経営者が腹をくくるので、それなりに進展し、解決に
向かうものです。

むしろ「そのうちなんとかなるだろう!」という案件を法律的なことが
よく分からないからと放っておくと大事件に発展することがよくあるものです。

 また、会社の言うとおりなのか従業員の言い分に理があるのかすぐに判断できない
ものもあります。

 そのときどうするか、就業規則に何と書いてあるかが非常に重要です。

その問題で将来裁判に発展したような場合、就業規則にどう記載されているか、
また記載自体があるかどうかによって全く反対の結論になってしまいます。

会社を守る為にもすぐに就業規則を見直す必要があるのです。



労使紛争についての詳細はこちら↓

1.労使紛争の実態

2.個別的な労使紛争の解決

3.労使紛争の解決の流れ

まずは、お気軽にお問合せ下さい

社労士・行政書士 海田正夫 無料相談はこちら
0120-855-464
トップに戻る  お気に入りに追加

残業問題、労働問題全般なら、20年の実績!メイクル経営管理事務所

 
また、その他のコンテンツについては、こちらを参考に下さい!
費用 セミナー実績 事務所概要